法律家による
クーリングオフ代行
クーリングオフ代行手続専門法務事務所

【解約実績5000件超】
クーリングオフ全国対応

依頼に関する無料相談

パソコン用の
ホームページは、ここから

【デート商法・ジュエリー商法】
展示会商法・宝石商法・ダイヤモンド・ネックレス・リング・真珠・アレキサンドライト・ホワイトゴールド

【事例】 異性から「アンケートに強力してほしい」などと突然電話がかかってきたり、出会い系サイトを利用して接近してきます。次第に仲良くなった頃を見計らって、「会いたい」などと、勧誘目的を秘して呼出します。出かけていくと、身の上話などを聞かせ同情を誘い「働いている職場を見てほしい」などと言ってお店に誘い込み、「将来必ず必要になる」などとジュエリー(ダイヤやホワイトゴールドのネックレス・リングなど)を勧誘してきます。躊躇していると「今の内に買っておかないと損をする」「月々これだけなら頑張れるでしょ」「絶対後悔させない」「僕を信じて」などと契約するまで帰れない状況に困惑し、契約してしまうわけです。尚、このような販売方法で販売しているものは、通常、契約価格の10分の1程度であることが殆どです。質屋さんに持っていくと更にその10分の1程度です。またデート商法の場合、クーリングオフをしない旨の誓約書を書かせたり、クーリグオフ期間中に毎日のように担当者が電話・メールをしてきたりして、クーリングオフができないような心理状態を利用してクーリングオフを妨害してくることがよくあります。 詳しくは、PC用のHpへ 最悪なことは、クーリングオフをしなかった場合、しばらくして再呼び出してきます。そして、何度も高額な契約をさせるわけです(次々販売)。更に、全く別の会社から、「過去の契約で入会になっている」などと称して呼び出す二次被害もあります。

【クーリングオフ期間】
デート商法(アポイントメントセールス)のクーリングオフ期間は、法定書面(契約書等の書面)を受領した日から、その日を入れて8日間です。
即ち、クーリングオフの書面に、クーリングオフ期間内の「消印」があることが必要です。
今日が最終日でも間に合います。あきらめずにご相談下さい。

【クーリングオフ方法】
クーリングオフは、法律上「書面」ですることを要求しています。口頭・電話・メールではこの要件を満たしません。また、ハガキも書面ですが、ハガキでは配達記録を付けても確実な証拠は残りません。確実な書面は内容証明郵便です。もっとも、悪質な業者は消費者の法的無知につけ込んで、クーリングオフ妨害をしてくることがしばしばです。よって、法律の専門家が関与(代行)することにより、このようなクーリングオフ妨害を未然に防ぐことができます。業者は消費者よりも法律(抜け穴)を良く知っているのが通常です。被害が拡大する前に、専門家の手続きを利用されることが賢明です。単に記載例を真似て送ればトラブルが生じないわけではありません。尚、当事務所は5000件のクーリングオフ実績がありますがら、あなたと同じ業者(販売店)・契約のついて過去に取扱いがあると思われます。また、当事務所は、単にクーリングオフの書面を送るだけでなく、細やかなアドバイスはもちろんのこと、業者からの連絡にも直接対応していますから、ご心配は一切要りません。

運営事務所のご案内
法律家に依頼する利点
依頼方法・依頼の流れ
クーリングオフの方法
クーリングオフ妨害
悪質商法の手口・事例

・クーリングオフ代行の
依頼に関する無料相談

・電話 048-726-1179
・メールe@mjimu.com

・詳しくはPCのHPで↓
 http//www.mjimu.com

( トップページへ戻る)